FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

需要と供給で決まる相場

おはようございます。為替といえばFXや株の様な投資ばかり連想してしまいがちですが、あれなんですね?旅先などでその国の通貨と日本円を両替してもらうのも為替になるんですってね?初めて知ってビックリしました。いや、海外旅行すらしたことないのでそれもやった事ないんですけどね。

さて、今日はちょっと円高とかドル安とかについてのお勉強です。

まずレートというものは不規則で、何の頼りも無しに先を予想するというのはとても難しい事です。ですから投資家さんはみんな、チャートという指針を見てこの先の行動を決めているはず。では、チャートさえ毎日確認していればそれでいいのかというとそういうわけでもないんです。

FXで上級者を目指すのなら、日頃からニュースや新聞をチェックして社会情勢についてもお勉強しておかないといけません。そこでよく出てくるのが円高やドル安など。そもそも物の価格というのは需要と供給のバランスにより決まるものです。

例えば雨があまり降らなくて野菜が不足してしまうと供給できる量が減り、値段が上昇してしまいます。逆に予想していたより多く雨天が続くと野菜は豊作になり値段も下がりますが今度は雨具の需要が増えるためそちらの価格が上昇します。

通貨に関しても同じことが言えるんです。ただしその変動要因は主に経済に関するものなので、野菜や傘に比べると少しだけ難しくなるのですが...。

例えばアメリカの経済にとって良いニュースが流れるとドルを買いたい人(需要)が増えるので値段が上昇します。これを、ドル高・円安といいます。この逆に円の需要が増加すると円高・ドル安となるのです。

ニュースや新聞から得られるこれらの情報と、チャートなどを合わせて先を読むことができるのが上級者というものなんでしょうね。

上級投資家の必須スキル

こんにちは。早速ですが今日もFXについて一緒にお勉強していってください。

今日のテーマは「立派な投資家になるには!」ですよ。

まず、FXに限らず投資をするにおいて情報とはとても大事なものっていうのは常識です。

その情報を得るために使用するのがチャートと呼ばれる指針ですよね。

ネット環境さえ整っていれば24時間いつでも相場の動きが読み取れて今後の動きを予想することができます。

チャートには個人が提供しているものと企業が提供しているものがあり、信頼性が高いのは企業提供のチャートでしょう。

ですが、一箇所のチャートに頼りきってしまうのも良くないんですよね。

いろんなところの情報を見て自分なりの見解を見出すのがプロのやり方というものでしょう。

どんなに情報をたくさん得ていても、FXは為替相場の影響をもろに受けてしまうものなので多かれ少なかれ失敗はします。

それは初心者でも上級者でも同じ事で、投資というのはどれだけの損失を抑えられるかが勝負なんです。

一度損をしてしまったとわかった時点で負けを認めて切り上げる。

いつまでも未練を持ってもう少し待てば持ち返すかもなんて思ってはいけません。

ダメだと思ったらすぐに損切りして傷を最小限に抑え、新たな取引を開始することができるのが投資上級者というものです。

投資に使うお金は余裕資金から出すものであって、生活資金から削るものではありません。

損失が出ている取引を切ったら次の取引ができなくなるようでは立派な投資家にはなれませんよ。

情報収集と投資戦略、資金管理。この三つが上級投資家の必須スキルといえるでしょう。

外国為替情報・情報を有利に使え!

外国為替を行ううえで情報というのは取引を行ううえで有利なものにもなります。もちろんその逆で情報ばかりを頼って失敗してしまうこともありますが。最近よく聞かれる格差社会という言葉がありますが、それは情報をひきだせるか、ひきだせないかの差が格差となることも言います。現代はインターネットを使うことによって海外の情報をいち早く入手することができます。各国の経済状況ももちろん分かりますし、それを外国為替をやる上でファンダメンタルズ分析に活かしたりすることもできます。これは外国為替だけでなくJASDAQなどに上場した株の値上がりの予測も情報を元にして投資することもできます。情報というのはその人の使い方で吉とでるか凶とでるかになります。インターネットで得られる情報は本当のこともあれば、多くのガセもあります。これはインターネットだけでなく新聞やテレビ世界でもそうですね。テレビ、新聞だから全てが正しいことが書かれていると思っていたら大間違いです。自分で有用な情報を取り出せる能力を身に付けることが必要なのです。

情報といえばインサイダー取引を思い浮かべる方もいるかもしれません。インサイダー取引は不法な行為です。村上ファンド事件のように情報の使い方によっては逮捕されるケースさえあります。きちんとした情報をきちんとしたルールにのっとり外国為替に活かしましょう!外国為替をする手助けとなる情報を引き出せる目をつけましょう。

外国為替情報・外国為替証拠金取引がブーム

あけましておめでとうございます。FXだけに飽き足らず、株も初心者ながら挑戦している筆者です。本年もどうぞ宜しくお願いします。アフィリエイトも、いろんな情報がネット上にあり、なかなかいい情報を選ぶのも大変ですが、とても勉強になりますよ。オススメです!

さて今日は、前にもちょっとお話ししましたが、FX、外国為替証拠金取引についてお話しをしていこうと思います。そもそも、外国為替証拠金取引とは何か、という話になるのですが、これは、一定の証拠金を担保とし、その何倍、また何十倍もの資金を利用しての為替取引ができるという方法なのです。

FXは儲かる、なんていう情報もあれば、初心者は手を出さない方がいいという情報もあり、なんだか怪しい商品のように思っている人も多いかもしれません。でも、ちゃんとリスクが把握できていれば、他の金融商品よりもずっと低リスクで魅力が多い取引だといわれています。

FXがブームになっている理由としては、保証金の準備さえできれば、インターネットで簡単に、しかも24時間取引ができるということが上げられますし、また、資金が少なくても、レバレッジを活用することで、元金以上の大きな売買が可能になるのも理由のひとつでしょう。

さらには、FXはスワップポイントで稼ぐことができるのも大きなメリットのひとつです。金利の安い国の通貨で、金利の高い国の通貨を購入すれば、その金利差が儲けになるということもあり、外国為替証拠金取引は注目の市場になっているのです。

外国為替情報・スワップレートを知ろう

こんにちは。今日の外国為替情報は、FXのスワップレートの情報をみなさんにご紹介したいと思います(*´ω`*) 普段からFX業者のサイトの情報などを見慣れている人にとっては、スワップレートと聞いても、違和感は感じないかもしれませんね。そもそもスワップとは、受け渡し日の異なる反対方向の売買を同時に行うこと。外国為替市場には、スポットマーケットの他にスワップマーケットがありますよ。

インターバンク市場では、フォワードレートでは取引されません。実際はスポットレートとスワップレートが取引されています。ちょっと難しいのですが、考え方としては、スポットレートと金利からフォワードレートが計算されますので、それからスポットを除いたレートがスワップレートになります。利便性がいいという意味で、スワップレートが取引されていると考えることが出来ます。ですから、顧客に対するフォワードレートというのは、スポットレートにスワップレートが加減され、その情報が示されるということになります。

この時、スワップで主流となっているのが 『直先スワップ』、つまり、直物買い(売り)先渡し売り(買い)のスワップになります。私たちが新聞や雑誌などメディアで目にする直先スプレッドという情報は、この直先スワップのことを言っているのです。

なかなかややこしいお話しですが、みなさん解りましたでしょうか。このスワップの仕組みを良く理解して、外国為替の理解を深めていきましょうね!

外国為替情報!その種類についての情報

こんにちは。最近、FXの情報に非常に興味のある筆者です。FX会社FX業者の情報って、なかなか簡単に収集できないものだなぁとつねづね感じています(^^;) 簡単に儲かる情報なんて楽に集められるわけがありません。でも、何でもそうですが、日々情報収集のアンテナって張っておかないといけませんよね。

閑話休題。今日は外国為替の種類についてお話ししようと思います。種類といわれてもピンとこない方もいるかもしれませんが、外国為替には、いくつかの種類に分けられるんですよ。今日は、一般的な情報としてお話していきたいと思います。

■買為替とは
外国為替銀行が、それぞれの顧客から外貨を買取るという場合にその行為を「買為替」といいます。
銀行は外貨を受け取り、円貨を渡します。外国から送金されることは、顧客が銀行に外貨を売るのと同じなので、銀行からすれば顧客から外貨を買うことに。つまりこれが買為替。

輸出為替という言葉もあるのですが、これは顧客が輸出代金として受け取っている外貨を、銀行に売ることです。

■売為替とは
外国為替銀行が、それぞれの顧客に外貨を売渡すことを「売為替」というのです。
銀行は外貨を渡して、円貨を受け取ります。外国への送金することは、顧客が銀行から外貨を買うことに。つまり銀行からすれば顧客に外貨を売っていることになるので、売為替となります。同じように、顧客が輸入代金として支払う外貨を銀行から買うため、「輸入為替」とも呼ばれています。

少しだけややこしく感じるかもしれませんが、基本的な情報ですから是非覚えておきましょう。

外国為替情報にまつわる直物、先物とは

こんにちは。もう10月ですね。今日の外国為替の情報として、密接に関わりのある、直物、先物についてお話します。常識的なことですから、あなたが外国為替の業者じゃなくても覚えておきましょう。特に「先物」って言うと、FX会社と比較しても、儲かりそうなイメージを持っている人もいるかもしれませんね?まずは、直物から説明しましょう。直物相場とは、外国為替の取引が成立した後、2営業日以内に受け渡しを行うものです。

一般的に「為替レート」と呼ばれているものは、この直物のレートのこと。
通貨の売買を契約した日から「2営業日後」に通貨の受渡しをする為替であり、“スポット”とも呼ばれているのです。

また先物というのは、2営業日以降に行なわれる為替のことで、例えば3ヶ月後や半年(6ヶ月後)にもし通貨の受渡しが行なわれるというのであれば、為替取引でその取引に使われるのが先物レートなのです。

また、先にお話ししたスポット・レートについてですが、これは銀行間取引の直物取引のレートのことで、翌々営業日渡しのレートのことなんです。マスコミなどで寄付、高値、安値、終値といった形で伝えられる情報はこのスポット・レートです。

銀行間取引では、買値(ビッド)と売値(オファー)の2つが示されていて、下2桁がビッド・オファーの順に読まれます。

また、このビッドとオファーの差のことを“スプレッド”というのですが、この差が大きいほど、(一般的には)悪いとされています。
テレビのニュースで「現在ニューヨーク市場では、円相場は95円20銭から25銭で取引されています」という情報を耳にすることがありますが、この場合だと、20-25というのは、ビッドが95円20銭でありオファーが95円25銭という情報なのです。

外国為替情報は、いろいろ影響を与えている

こんにちは。少しだけ秋めいてきましたね。これまで外国為替情報として、色々な基本的な情報についてご説明をしてきましたが、いかがでしょうか?これからも有益な情報についてご紹介していけたらなぁと思っています(^^)

さて、この外国為替市場の情報ですが、株式市場や債券市場などにいろいろと影響を与えているということは、みなさんもご存知の通りですよね。当たり前のコトですが、外国為替市場は、お金を売買をするところ。あなたが外国為替の業者の方じゃなくても、外国為替の情報が、金利や債券のマーケットと関連してくるというのは当然予測がつくことですよね。

債券や株式のディーラーたちは、為替市場のマーケットがどんな風に動いているか、為替市場の情報に対し、常にしっかりと注意を払っています。ある意味、非常に性質の近いものを取扱っているワケですし、どんな動向をするのかというのは非常に気になるもの。常にそれらの情報を得て、動き方を見ながら自分たちの取引も行っているのです。
外国為替市場の取引情報というのは、株式市場や債券市場など、他の金融機関と影響しあう関係にあり、またそれは自国だけではなく、海外のそれらの市場とも影響しあうので、国際金融・証券市場などとお互いに影響しあいながら変動していると考えることが出来るのです。

『外国為替というのは、なかなか理論的な動きをしない』なんて言われることも多いのですが、それでもこの情報に多くの人や国が影響を受けているのですね。

外国為替情報・ブローカーとは

こんにちは。外国為替の情報として、今日はブローカーの情報をお話したいと思います。ブローカーってみなさんご存知ですか?ブローカーとは、金融機関同士の取引を仲介する人や会社のことを指し示しています。とはいうものの、実際に人を介して情報をやりとりするブローカーは少なく、電子ブローキングがほとんどです。

1998年4月に法改正がされる前であれば、ブローカーは仲介だけを行うのみ。つまりポジションは持てなかったのです。

たとえば、ある銀行(〇×銀行としましょう)がドルを売っていて、また違う銀行(××銀行だとします)がそのドルを買うとなった時、その間に立って〇×銀行と××銀行の仲介業務を行う立場であるのがこの“ブローカー”と呼ばれる立場の仕事だったのです。

このブローカー自身が取引の相手になることは禁止されていたので、法改正前は〇×銀行が売ってきたものをブローカー自身が自分のポジションとして買うことはできない時代だったということなのです。

かといって98年の法改正後に、ブローカーは自分のポジションを持つことになるのかというと、答えは「No」なのです。ここでは法律上、ポジションを持つのは可能だとされるようになったものの、それでもやっぱりこれが健全な市場を保つと言う意味では、いいことではないと判断されていたからですね。複雑なんですね。

もしブローカーが、「自分たちが稼ぐために・・・」という動きを取ってしまうと、情報の操作や陰での取引なども考えられ、そのせいで市場が混乱する原因にもなりかねません。

もちろんそんな情報が蔓延すれば、銀行だってブローカーを信用できなくなってしまいます。だれもブローカーと安心して取引ができなくなります。
つまりブローカーは、取引所取引の役割を1部担っているわけで、信用がとても重要だと言うことになりますね。

外国為替情報・新聞の情報には要注意

こんにちは。今日の外国為替情報は、新聞にまつわるお話しをしたいと思います。
情報通の人は、インターネットで為替の情報をチェックするのは当然ですが、毎日の新聞やニュースの情報などにも、しっかり目を通しているという人は多いでしょう。

最初から新聞を読んでいけば、「昨日のニューヨーク外国為替市場」というのが初めに目に付きますよね。そして、その後に「昨日のロンドン外国為替市場」という順になっていることがあります。でもこの情報には注意しなくてはいけません。どういうことかと言うと、つまり、この新聞の書き方だと、情報の時系列が正しくないと言うこと。先に動いているのはロンドン外国為替市場であって、その流れを受けてニューヨーク外国為替市場があるのですが、新聞の情報では、まるで逆のように取られかねません。

また、円がロンドン市場で2円安になった後、ニューヨーク市場で1円50銭高くなったとします。東京だけで比較すれば、海外からバトンタッチされたとき、円は50銭円安になっていますが、内容的には2円、円安になった後、1円50銭円高になったので、差引いて50銭の円安ということがわかります。

こんなときに、新聞やテレビの情報だけを見ていると、「海外市場の流れを受け、東京市場も円安になりました」と言いますが、実際の現場ではそういった情報の認識はありません。2円円安になったあと、1円50銭円高になっていますから、本当の目先の流れは円高傾向にあるのです。
情報は捉え方次第だと言うことを忘れてはいけません。

経済